○多度津町高見島運搬車管理規程

平成28年3月14日

規程第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、本町高見島の運搬車の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(運搬車)

第2条 この規程において「高見島運搬車(以下「運搬車」という。)」とは、高見島において町が所有、管理している運搬車をいう。

(運搬車管理責任者)

第3条 運搬車の管理責任者は総務課長とする。

(運搬車台帳の保管)

第4条 運搬車管理責任者は、運搬車台帳(様式第1号)を高見出張所に備え、当該運搬車の使用状況に係る必要な事項を記載し保管しなければならない。

(運搬車の貸出し)

第5条 離島振興に係る事業及び住民生活の支援・充実に係る事業等に使用させるため、公務に支障のない範囲において、運搬車を貸し出すことができる。

(対象団体)

第6条 運搬車を借り受け、使用することができる団体は、次の各号のいずれかに該当する団体とする。

(1) 文化・芸術活動の推進を行う団体

(2) 地元自治会

(3) 学校教育・社会教育を行う公共性のある団体

(4) その他町長が特に必要と認めた団体

(貸出時間)

第7条 運搬車の貸出時間は、午前8時30分から午後5時までの間とする。ただし、町長が特に必要と認めたときはこの限りでない。

(使用手続等)

第8条 運搬車を使用しようとする団体の代表者(以下「代表者」という。)は、多度津町運搬車使用許可申請書兼誓約書(様式第2号)(以下「申請書兼誓約書」という。)により、使用する日の前日までに総務課長の承認を受けなければならない。

2 総務課長は、申請書兼誓約書が提出された場合はその内容を審査し、審査の結果適当と認めたときは使用を承認するものとする。

3 総務課長は、運搬車を使用する団体(以下「使用団体」という。)が次の各号のいずれかに該当するときは、運搬車の使用の許可を取り消し、及び運搬車の返還を命ずることができる。

(1) 申請書兼誓約書に虚偽の記載をしたとき。

(2) この規程又は使用承認の際に付した条件に違反したとき。

(3) その他運搬車を貸し出すことが適当でないと認められる行為をしたとき。

(転貸等の禁止)

第9条 使用団体は、運搬車を転貸し、又は借り受けた目的以外に使用してはならない。

(運搬車の貸出し及び返還)

第10条 運搬車は、原則として定められた保管場所から貸出しを行うものとする。

2 使用者は、使用に当たっては、交通法令及び交通道徳を遵守し、安全な使用に努めなければならない。

3 代表者は、運搬車の使用を終えたときは、燃料を補充した上、運搬車の清掃を行い、速やかに指示された保管場所に返還しなければならない。ただし、燃料の補充については、町長が特に必要と認めたときはこの限りでない。

(毀損又は亡失の届出)

第11条 代表者は、運搬車を毀損又は亡失したときは、直ちに運搬車毀損等届出書(様式第3号)により総務課長に届け出なければならない。

(使用者及び代表者の義務)

第12条 使用者及び代表者は、運搬車を毀損又は亡失したときは、その原因者の責任において原状に復さなければならない。

2 使用者及び代表者は、事故等により第三者に損害を与えたとき、又は死傷者を生じたときは、その当事者間において補償協議をしなければならない。

(貸出しの制限)

第13条 総務課長は、運搬車を毀損又は亡失した団体に対しては、当該毀損又は亡失の日から起算して1年の間、運搬車を貸し出さないものとする。

(事故の処理)

第14条 使用者等及び代表者は、事故が発生したときは、直ちに法令に定められた処置を行い、次に定める事故処理をしなければならない。

(1) 負傷者等の救急処置

(2) 事故現場の保存

(3) 所轄の警察署及び町への通報

(4) 総務課長への事故の状況報告

(その他)

第15条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

多度津町高見島運搬車管理規程

平成28年3月14日 規程第5号

(平成28年4月1日施行)