○多度津町歯と口腔の健康づくり推進条例

平成27年3月20日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、歯科口腔保健の推進に関する法律(平成23年法律第95号)及び香川県歯と口腔の健康づくり推進条例(平成23年香川県条例第45号)の趣旨を踏まえ、町民の歯科口腔保健の推進に関し基本理念を定め、町及び町民等の責務等を明らかにするとともに、町の基本的施策等を定めることにより、歯科口腔保健を総合的かつ計画的に推進し、もって町民の健康の保持増進に寄与することを目的とする。

(基本理念)

第2条 歯と口腔の健康は、食べる喜び、話す楽しみ等の生活の質の向上を図り、健康寿命の延伸に欠くことができないものであって、子どもの健やかな成長、生活習慣病の予防、介護予防、食育の推進等に資するものであることから、町民一人ひとりや地域が、歯と口腔の健康づくりに取り組むことを推進するとともに、生涯を通じて歯と口腔の保健医療サービスを受けることができるよう環境の整備を図ることを基本理念とする。

(町の責務)

第3条 町は、前条に規定する基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、国及び香川県との連携を図りつつ、本町の実情に応じた歯科口腔保健の推進に関する施策を実施するものとする。

(町民の責務)

第4条 町民は、基本理念にのっとり、歯科口腔保健に関する正しい知識及び理解を深めるとともに、町又は関係団体が行う歯科口腔保健の推進に関する取組に積極的に参加すること並びに定期的に歯科健診(歯科に係る健康診査及び健康診断をいう。)及び歯科保健指導(以下「歯科健診等」という。)を受けることにより、歯科口腔保健の推進に努めるものとする。

(歯科医師等の役割)

第5条 歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、その他の歯科医療又は歯科保健指導に携わる者は、基本理念にのっとり、町又は関係団体が行う歯科口腔保健の推進に関する取組に協力するよう努めるものとする。

(保健、医療、福祉、教育等に携わる者の役割)

第6条 保健、医療、福祉、教育等に携わる者は、基本理念にのっとり、相互の有機的な連携を図りつつ、その関係者の協力を得て歯科口腔保健の推進に努めるものとする。

(事業者の役割)

第7条 事業者は、基本理念にのっとり、従業員の歯科健診等の機会の確保その他の歯科口腔保健の推進に関する取組を行うよう努めるものとする。

(基本的施策の実施)

第8条 町は、歯科口腔保健を推進するため、次に掲げる基本的施策を計画的に実施するものとし、健康増進法(平成14年法律第103号)に基づき策定する健康増進計画に盛り込むものとする。

(1) 8020運動(80歳で自らの歯を20本以上保つための歯や口腔の健康づくりを進める運動をいう。)の推進に関すること。

(2) 乳幼児期から高齢期までの各年齢層及び妊娠又は介護を必要とする等心身の特性に応じた効果的かつ適切な歯と口腔の健康づくりを実施すること。

(3) 食育及び喫煙対策の推進並びに糖尿病その他の生活習慣病の予防等のための歯科口腔保健に関すること。

(4) 歯科口腔保健の推進に資する情報の収集及び提供並びに歯科口腔保健に携わる者の連携体制の構築に関すること。

(5) フッ化物の応用等科学的知見に基づく歯科口腔保健を推進すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、歯科口腔保健の推進に関すること。

(財政上の措置)

第9条 町は、歯科口腔保健の推進に関する施策を実施するため、必要な財政上の措置を講ずるよう努めるものとする。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

多度津町歯と口腔の健康づくり推進条例

平成27年3月20日 条例第3号

(平成27年3月20日施行)