○多度津町島しょ部買物支援運賃助成事業要綱

平成26年3月26日

要綱第12号

(目的)

第1条 この要綱は、島しょ部により、買物が困難なひとり暮らし高齢者や援護を必要とする高齢者世帯の者等の買物支援を行い、高齢者が住み慣れた地域社会の中で引き続き生活していくことを支援し、もって高齢者の福祉の向上及び増進を図ることを目的とする。

(事業の内容及び助成対象者)

第2条 この事業の内容は、島しょ部において、介護サービスでは賄えない買物支援を行うため、島内での移動販売を行う事業者を指定し、その事業者に対して定期船の運賃を助成するものとする。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は、1日につき自動車等1台分及び乗船者1名分までの往復運賃の額とする。ただし、町長が特に必要と認める場合は、この限りでない。

(助成金の申請)

第4条 助成を受けようとする者は、多度津町島しょ部買物支援運賃助成事業者指定申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)に関係書類を添えて、町長に提出しなければならない。

2 前項に係る添付書類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事業計画書

(2) 使用する車種等

(指定の決定)

第5条 町長は、前条の申請書の内容を審査して指定の可否を決定し、多度津町島しょ部買物支援運賃助成事業者指定決定(却下)通知書(様式第2号。以下「指定決定通知書」という。)により、当該申請者に通知するものとする。

(指定の期間)

第6条 事業者の指定の期間は、原則として1年間とする。ただし、町長が、延長に支障がないと認めた場合はその限りではない。

(助成金の請求)

第7条 指定決定通知書を受けた事業者は、当該事業に係る定期船の運賃を多度津町島しょ部買物支援運賃助成金請求書(様式第3号。以下「請求書」という。)に関係書類を添えて、町長に請求するものとする。

2 前項に係る添付書類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 多度津町島しょ部買物支援運賃助成金請求明細書(様式第4号)

(2) 運賃領収書

(助成の方法)

第8条 町長は、前条の請求書を受理したときは、請求書を受理した月の翌月の月末に助成金を支払うものとする。

(不正利得の返還)

第9条 町長は、偽りその他不正の手段により本事業の助成を受けた者があるときは、第5条に規定する指定を取り消し、また、その助成を受けた額に相当する金額の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年8月10日要綱第19号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の多度津町島しょ部買物支援運賃助成事業要綱の規定は、平成28年8月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

多度津町島しょ部買物支援運賃助成事業要綱

平成26年3月26日 要綱第12号

(平成28年8月10日施行)