○多度津町おもいやり声かけ・見守り活動事業実施要綱

平成24年7月30日

要綱第29号

(目的)

第1条 この要綱は、地域全体で高齢者に対する声かけや見守り等の活動(以下「見守り活動」という。)を行い、高齢者の安否を日常的に確認し、異常等を発見したときに迅速に対応できる体制を確保することにより、高齢者は住み慣れた地域で安心して、自立した生活を継続できるよう支援することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、多度津町とする。ただし、前条の目的を達成するため、見守り活動を実施する団体(以下「実施団体」という。)に委託して実施することができる。

(対象者)

第3条 この事業の対象者(以下「対象者」という。)は65歳以上の者で、本町に居住しており、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき、多度津町住民基本台帳に記録されている者のうち、次の各号のいずれかに該当し、見守り活動について、対象者に合意が得られた者とする。

(1) 65歳以上の一人暮らし世帯

(2) 65歳以上の者のみで構成された世帯

(3) 日中65歳以上の者のみとなる世帯

2 前項に掲げる者のほか、特に見守り活動が必要と町長が認める者は、対象者に含むことができる。

(事業の内容)

第4条 この事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 日常生活における対象者への見守り活動を週1回以上行うこと。

(2) 地域の民生委員・児童委員(以下「民生委員」という。)と協議し、必要に応じて見守り活動の報告を行うこと。

(3) 見守り活動の結果、何らかの異変や相談があった場合は、町及び民生委員へ連絡を行うこと。また、緊急性があると判断されるときは、必要な措置を行うとともに、警察署又は消防署へ通報するものとする。

(4) 対象者の継続的な見守り活動や当該家族への支援、その他目的を達成するための活動を行うこと。

(5) 見守り活動の状況を記録すること。

(守秘義務)

第5条 この事業に係わる者は、前条の活動により知り得た個人情報をこの事業の目的以外に利用し、又は他に漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

(報告等)

第6条 この事業の実施団体は、活動内容等を町長に対し、月ごとに報告しなければならない。

附 則

この要綱は、平成24年10月1日から施行する。

多度津町おもいやり声かけ・見守り活動事業実施要綱

平成24年7月30日 要綱第29号

(平成24年10月1日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第1章 社会福祉/第5節 老人福祉
沿革情報
平成24年7月30日 要綱第29号