○多度津町介護予防のための二次予防事業対象者判定検査料の助成に関する要綱

平成24年1月26日

要綱第4号

(目的)

第1条 この要綱は、多度津町地域支援事業実施要綱(平成18年多度津町要綱第8号)第3条第1項第1号の規定に基づき実施される二次予防事業の参加者が、医療機関において、二次予防事業の効果判定のための検査を受診した場合に、その検査料を助成することにより、参加者における二次予防事業の評価を適正に行い、介護予防の推進を図ることを目的とする。

(助成の対象となる検査)

第2条 助成の対象となる検査は、二次予防事業の効果判定のための血液検査等とする。

(助成対象者)

第3条 助成対象者は、二次予防事業の参加者のうち、医療機関において、二次予防事業の効果判定のために前条に規定する検査を受診した者とする。

(助成金額)

第4条 助成は、毎年度1人1回とし、その額は、第2条に規定する検査の検査料の額とする。

2 第1項の助成の額は、助成対象者1名1回につき5,000円を上限とする。

(助成の申請及び請求)

第5条 助成を受けようとする者は、多度津町二次予防事業対象者判定検査料助成申請書兼請求書(別記様式。以下「申請書兼請求書」という。)に検査料の領収書を添えて町長に申請及び請求しなければならない。

2 第1項の申請及び請求は、助成対象者が検査を実施した日の属する月の翌月から起算して1年以内にしなければならない。

(助成の方法)

第6条 町長は、前条の申請書兼請求書を受理した月の翌月の月末に助成金を支払うものとする。

(不正利得の返還)

第7条 町長は、偽りその他不正の手段により本事業の助成を受けた者があるときは、その助成を受けた額に相当する金額の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成24年2月1日から施行する。

多度津町介護予防のための二次予防事業対象者判定検査料の助成に関する要綱

平成24年1月26日 要綱第4号

(平成24年2月1日施行)