○多度津町妊婦健康診査及び乳児健康診査の実施等に関する要綱

平成21年3月26日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号。以下「法」という。)第13条の規定に基づき、妊婦健康診査及び乳児健康診査(以下「健康診査」という。)を実施し、並びに健康診査の受診に要する費用を助成することにより、妊婦及び乳児の健康の保持増進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 対象者は、妊婦又は法第6条に規定する乳児であって、町内に住所を有するもの(以下「対象者」という。)とする。

(内容)

第3条 健康診査の内容は、次のとおりとする。

(1) 妊婦一般健康診査は、次に掲げるとおりとする。

 問診及び診察

 血圧・体重測定

 尿化学検査(試験紙による半定量検査)

 保健指導

 梅毒血清反応検査

 子宮頸がん検診(細胞診)

 B型肝炎抗原検査

 C型肝炎抗体検査

 血液検査(血液型(ABO血液型・RH血液型、不規則抗体))

 血液検査(グルコース・貧血)

 妊婦超音波検査

 HIV抗体検査

 風疹抗体検査

 HTLV―1抗体検査

 GBS検査

 性器クラミジア検査

(2) 妊婦精密健康診査は、前号に規定する妊婦一般健康診査の結果、妊娠高血圧症候群等妊娠又は出産に直接支障を及ぼす疾病等の疑いがある妊婦に対して、その必要に応じて行う前号に掲げる検査以外の検査とする。

(3) 乳児一般健康診査は、次に掲げる項目を検査するものとする。

 問診及び診察

 尿化学検査(試験紙等による半定量検査)

(4) 乳児精密健康診査は、前号の検査の結果、疾病及び心身の発達等に異常の疑いがある乳児に対し、必要に応じて行う前号に掲げる検査以外の検査とする。

(実施回数)

第4条 妊婦に対する健康診査の実施回数は、次のとおりとする。

(1) 妊婦一般健康診査 14回以内(多胎妊娠の場合、16回以内)

(2) 肝炎検査・梅毒血清反応検査・子宮頸がん検診(細胞診)・HIV抗体検査・風疹抗体検査・HTLV―1抗体検査・GBS検査・性器クラミジア検査 1回

(3) 妊婦超音波検査 4回

(4) 妊婦精密健康診査 1回

2 乳児に対する健康診査の実施回数は、次のとおりとする。

(1) 乳児一般健康診査 2回以内

(2) 乳児精密健康診査 1回

(委託)

第5条 町長は、健康診査を一般社団法人香川県医師会に委託して実施するものとする。

(受診票の交付)

第6条 町長は、対象者(乳児にあってはその保護者。以下同じ。)に対し、次のとおり受診票を交付するものとする。

(1) 妊婦一般健康診査・肝炎検査・梅毒血清検査・子宮頸がん検診等受診票(様式第1号) 1枚

(2) 妊婦一般健康診査等受診票(様式第2号) 4枚

(3) 妊婦一般健康診査等受診票(様式第3号) 6枚

(4) 妊婦一般健康診査等受診票(様式第9号) 1枚

(5) 妊婦一般健康診査受診票(様式第4号) 2枚(多胎妊娠の場合、4枚)

(6) 乳児一般健康診査受診票(様式第5号) 2枚

(7) 乳児精密健康診査受診票(様式第6号) 1枚

(8) 妊婦精密健康診査受診票(様式第7号) 1枚

(県内医療機関における健康診査の受診手続及び費用の助成)

第7条 対象者は、第5条の委託に係る医療機関(以下「県内医療機関」という。)で健康診査を受ける際、その種類に応じた前条各号に掲げる受診票を提出しなければならない。

2 前項の健康診査については、町が町と一般社団法人香川県医師会及び香川県国民健康保険団体連合会との間で締結する健康診査に係る委託契約及び協定に定める額(以下「健康診査定額」という。)を県内医療機関に支払うことによる助成をするものとし、対象者は、当該健康診査につき県内医療機関に支払うべき費用の額が健康診査定額を超えることとなるときは、その超過額を当該県内医療機関に支払わなければならない。

(県外の医療機関で健康診査を受けた場合の助成)

第8条 県内医療機関以外の医療機関で健康診査を受けた対象者は、当該健康診査につき医療機関に支払った額(以下「支払済額」という。)の全部又は一部について助成を受けることができる。

2 前項の規定による助成を受けようとする者は、第6条第1号から第4号に掲げる受診票に代えて次の受診票(香川県外)の交付を受け、これによって町長に申請しなければならない。

(1) 妊婦一般健康診査・肝炎検査・梅毒血清検査・子宮頸がん検診等受診票(香川県外)(様式第10号)

(2) 妊婦一般健康診査等受診票(香川県外)(様式第11号)

(3) 妊婦一般健康診査等受診票(香川県外)(様式第12号)

(4) 妊婦一般健康診査等受診票(香川県外)(様式第13号)

(5) 妊婦一般健康診査受診票(香川県外)(様式第14号)

3 前項の規定による申請は、健康診査を受診した日の翌日から起算して1年を経過したときは、することができない。

4 町長は、第2項の規定による申請があった場合は、その内容等を審査し、適当と認めたときは前条第2項に規定する委託契約及び協定による額に相当する額(その額が支払済額を超えるときは、当該支払済額)を対象者に支払うものとする。

(不正利得の返還)

第9条 町長は、偽りその他不正の手段により妊婦健康診査受診費用の助成を受けた者があるときは、その助成を受けた額に相当する金額の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、この要綱の施行について必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成21年1月27日から適用する。

附 則(平成22年1月12日要綱第2号)

1 この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

2 この要綱の施行の際、この要綱による改正前の受診票で、平成22年3月31日までに交付されたものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成22年12月24日要綱第34号)

この要綱は、平成23年1月1日から施行し、平成23年1月1日以降の受診票の交付より適用する。ただし、平成22年12月31日以前に交付した第6条関係の受診票は除く。

附 則(平成23年3月25日要綱第13―2号)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。ただし、改正前の第6条の規定による受診票の交付を受けた者は除く。

附 則(平成25年8月26日要綱第28号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の多度津町妊婦健康診査及び乳児健康診査の実施等に関する要綱の規定は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成26年5月26日要綱第20号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の多度津町妊婦健康診査及び乳児健康診査の実施等に関する要綱の規定は、平成26年4月1日から適用する。

附 則(平成28年5月19日要綱第14号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の多度津町妊婦健康診査及び乳児健康診査の実施等に関する要綱の規定は、平成28年4月1日から適用する。

様式第8号 削除

多度津町妊婦健康診査及び乳児健康診査の実施等に関する要綱

平成21年3月26日 要綱第5号

(平成28年5月19日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第1章 社会福祉/第4節 母子福祉
沿革情報
平成21年3月26日 要綱第5号
平成22年1月12日 要綱第2号
平成22年12月24日 要綱第34号
平成23年3月25日 要綱第13号の2
平成25年8月26日 要綱第28号
平成26年5月26日 要綱第20号
平成28年5月19日 要綱第14号