○多度津町職員災害時用被服取扱規程

平成20年5月15日

規程第12号

(趣旨)

第1条 この規程は、水防等災害時における対応作業に従事する職員に対して、予算の範囲内において職務の執行上必要な被服を貸与することに関し、多度津町職員被服貸与規程(昭和38年多度津町訓令第20号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(貸与被服の種類、数量及び貸与期間)

第2条 この規程により貸与する被服の種類、数量及び貸与期間は別表のとおりとする。ただし、被服の貸与期間は、貸与された被服(以下「貸与被服」という。)の消耗度を考慮して伸縮することができる。

2 貸与される被服の全部又は一部で、町長が貸与する必要がないと認めるものは貸与しない。

(貸与被服の着用)

第3条 被服の貸与を受けた職員(以下「被貸与者」という。)が水防等災害時対応作業に従事するときは、貸与被服を着用しなければならない。ただし、所属長の認めた場合はこの限りでない。

(亡失、損傷届及び再貸与)

第4条 被貸与者は、貸与被服を亡失し、又は使用に耐えない程度に損傷したときは、貸与被服亡失・損傷届(別記様式)を町長に提出しなければならない。

2 前項の規定による届出があり、かつ、町長が必要があると認めるときは、被服を再貸与することができる。

(保管責任及び費用負担)

第5条 前条に規定するもののほか、被貸与者は、多度津町物品管理規則(平成17年多度津町規則第22号)第14条の規定により、貸与被服保管の責任を負うものとする。

2 貸与被服の洗濯等の費用は、被貸与者の負担とする。ただし、町長が特に認めるものは、この限りでない。

(譲渡等の禁止)

第6条 貸与被服は、他人に譲渡し、又は貸与の目的以外に使用してはならない。

(被貸与者の異動による貸与被服の取扱い)

第7条 被貸与者は、次の各号のいずれかに該当することとなったときは、速やかに貸与被服を返納しなければならない。

(1) 退職し、又は休職したとき。

(2) 当該被服が貸与されるべき職務以外の職務に配置換となったとき。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか、貸与被服の取扱いに関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成20年6月1日から施行する。

別表(第2条関係)

被服の種類

数量

貸与期間(年)

作業服上下

1

4

合羽上下

1

4(貸与期間を経過したときは、被貸与者に給す。)

長靴

1

4(貸与期間を経過したときは、被貸与者に給す。)

画像

多度津町職員災害時用被服取扱規程

平成20年5月15日 規程第12号

(平成20年6月1日施行)