○多度津町マイクロバス使用規程

平成18年5月8日

規程第4号

(目的)

第1条 この規定は、マイクロバスの適正かつ経済的な使用管理及び安全な運行を期するため、必要な事項を定めるものとする。

(管理及び使用)

第2条 マイクロバスの管理は、総務課長が行う。

2 総務課長は、マイクロバスを常に良好な状態に整備し、その効率的かつ経済的な運行の管理を行わなければならない。

(使用範囲)

第3条 マイクロバスの使用範囲は次のとおりとする。

(1) 公用に使用するとき。

(2) 町長が認める外郭団体で乗車人員が15人以上のとき。

(3) 特に町長が必要と認めたとき。

(使用の制限)

第4条 次の各号に該当するときは、原則として使用を許可しないものとする。ただし町長が必要と認めたときは、その限りではない。

(1) マイクロバスの使用期間が引き続き2日以上に渡る場合

(2) 勤務時間外(特に土・日曜日・祝祭日等)にかかる場合

(3) 県外の使用となる場合

(使用手続等)

第5条 使用課の長は、自動車を使用しようとするときは、使用する日の7日前までにマイクロバス使用申込書(様式第1号)に記入し、総務課長に使用の手続きを行い、その承認を受けなければならない。承認を受けた事項を変更しようとするときは、速やかに総務課長に報告し、その指示を受けなければならない。

2 外郭団体においては、当該団体の責任者が関係課の長を経由して提出するものとする。ただし、緊急やむを得ないときは、その限りではない。

3 総務課長は、緊急の用務等のため自動車が必要となった場合は、第1項の承認を取り消すことができる。

(運転者の選定)

第6条 使用課の長は運転者を手配して借り受けることを原則とする。なお運転者を選定する場合にはマイクロバス運転の資格を有し、かつ信頼しうる技術を有するものを運転者としなければならない。

(運転者の遵守事項)

第7条 自動車等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 運行の開始前に、道路運送車両法第47条の2第1項の規定による点検を行い、その結果を、運転日誌(様式第2号)により、担当者に報告すること。

(2) 担当者は修繕又は整備を必要とする場合は、直ちに総務課長に報告し、その指示を受けること。

(3) 自動車等の運転に際しては、道路交通法及び関係法令の諸規定を遵守すること。

(4) 交通事故が発生した場合は、道路交通法第72条第1項に規定する措置を講ずるとともに、直ちに、その旨を多度津町物品管理規則(亡失又はき損の処理)第20条に基づき処置をすること。

(5) 外郭団体が使用中に生じた事故等は当該外郭団体において処理するものとし、使用課の長及び外郭団体の責任者が事故の内容及び処理結果について、総務課に報告しなければならない。

(6) 運転者は運転日誌に必要事項を記載し、使用後は車内の清掃を行い、所定の場所へ格納し、鍵とともに総務課へ返納しなければならない。

(経費の負担)

第8条 経費の負担は次のとおりとする。

(1) 公用(町が要請した外郭団体を含む。)の場合は総務課の負担とする。ただし燃料費以外の費用については、使用する課の負担とする。

(2) 外郭団体が使用する場合は原則として、その経費(燃料費及び運行に係る費用)は当該団体の負担とする。ただし、町長が必要と認めた場合はこの限りではない。

附 則

1 この規程は、平成18年6月1日から施行する。

2 マイクロバス使用要綱(平成13年5月1日)は廃止する。

多度津町マイクロバス使用規程

平成18年5月8日 規程第4号

(平成18年6月1日施行)