○多度津町総合計画策定委員会設置要綱

平成17年11月25日

要綱第15号

(設置)

第1条 町政運営の基本方針を明らかにする新たな総合計画を策定するため、多度津町総合計画策定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 委員会の所掌する事務は、次のとおりとする。

(1) 新たな総合計画の策定に関すること。

(2) 前号に定めるもののほか、委員長が必要があると認める事項の調査審議に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長は副町長、副委員長は教育長をもって充てる。

3 委員は、課長等(多度津町行政組織条例(平成29年多度津町条例第19号)第1条に定める公室及び課の長並びにこれに相当する職にある者をいう。以下同じ。)のうちから町長が任命する。

(職務)

第4条 委員長は、会務を掌理し、委員会を代表する。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が定めた順序により、その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議は、委員長が必要に応じて招集し、委員長が議長となる。

2 委員会は、委員の半数以上が出席しなければ会議を開くことができない。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

4 委員会の期間は、第2条に規定する総合計画の策定が終了するまでとする。

(幹事会)

第6条 第2条第1号に掲げる事務のうち、専門的な事項を処理させるため、委員会に幹事会を置く。

2 幹事会は、会長及び会員をもって組織する。

3 会長は、政策観光課長をもって充てる。

4 会員は、課長補佐級以下の職員のうちから、課長等の推薦により、委員長が任命する。

5 幹事会の会議は、会長が必要に応じて招集し、会長が議長となる。

6 幹事会の期間は、第2条に規定する総合計画の策定が終了するまでとする。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、政策観光課において処理する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成17年11月25日から施行する。

(多度津町総合計画策定委員会設置要綱の廃止)

2 多度津町総合計画策定委員会設置要綱(平成7年多度津町要綱)は、廃止する。

附 則(平成19年3月26日要綱第8号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月13日要綱第7号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年10月1日要綱第33号)

この要綱は、平成24年10月1日から施行する。

附 則(平成25年12月2日要綱第34号)

この要綱は、平成25年12月2日から施行する。

附 則(平成30年3月7日要綱第10号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

多度津町総合計画策定委員会設置要綱

平成17年11月25日 要綱第15号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第3編 行政通則/第1章 組織・処務
沿革情報
平成17年11月25日 要綱第15号
平成19年3月26日 要綱第8号
平成20年3月13日 要綱第7号
平成24年10月1日 要綱第33号
平成25年12月2日 要綱第34号
平成30年3月7日 要綱第10号