○多度津町国民健康保険直営診療所規則

昭和44年3月30日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則多度津町国民健康保険直営診療所条例に基づき診療所の管理に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(使用料等の減免)

第2条 使用料(一部負担金を含む。)、手数料又は弁償金の減免を受けようとするものは、減額免除申請書(別記様式)を管理者を経て町長に提出しなければならない。

(職員の任務)

第3条 診療所における職員の任務は、次の各号にかかげるとおりとする。

(1) 管理者は所務の統理及び所属職員の指揮監督並びに診療業務を処理する。

(2) 看護職員は看護業務に従事し、所務を処理する。

(委任事項)

第4条 管理者への委任事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 保健施設活動の実施、巡回診療、その他臨時施設に関する事項

(2) 診療所の業務及び事務に関する諸定例報告に関する事項

(3) 診療報酬の請求に関する事項

(4) 諸納付金、弁償金の延納及び分納に関する事項

(5) その他町長が特に委任した事項

(協議)

第5条 町長は、診療所の施設の拡張、変更及び改廃については管理者の意見を聴き、多度津町国民健康保険運営協議会の諮問を経るものとする。

(所務処理)

第6条 診療所の所務を行うため、次の業務を行うこととし、業務処理に当たっては適正かつ迅速に行い、常に能率的に運営されるよう努めなければならない。

(1) 診療報酬請求明細書に関する事項

(2) 診療所の日誌、出勤簿に関する事項

(3) 医事統計その他諸報告に関する事項

(帳簿)

第7条 診療所に、関係法規に基づく必要な帳簿及び書類等を備えるものとする。

(当直)

第8条 診療所の当直に関し必要な事項は、別に定める。

(災害対策)

第9条 診療所の防火、安全、衛生、防疫の万全を期するため職員は、常に注意しなければならない。

(内規)

第10条 管理者は、診療所の医療業務に必要な事項について内規を定めたときは、速やかに町長に報告しなければならない。

附 則

1 この規則は、条例の施行の日から施行する。

2 多度津町国民健康保険高見診療所規則(昭和37年多度津町規則第51号)は、廃止する。

3 多度津町国民健康保険高見診療所規則の規定に基づいて、この規則の施行の際現になされている行為は、この規則の相当する規定に基づいてなした手続その他の行為とみなす。

附 則(平成11年6月24日規則第11号)

この規則は、公布の日から施行し、平成11年6月1日から適用する。

多度津町国民健康保険直営診療所規則

昭和44年3月30日 規則第3号

(平成11年6月24日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第2章 国民健康保険
沿革情報
昭和44年3月30日 規則第3号
平成11年6月24日 規則第11号