○多度津町敬老祝金に関する条例

昭和33年6月17日

条例第126号

(目的)

第1条 この条例は、本町に居住する高齢者に対し祝金を給付して、敬老の意を表するとともにその福祉の増進をはかることを目的とする。

(受給資格)

第2条 敬老祝金は、毎年4月1日現在において、本町に引き続き1年以上居住し、かつ、翌年3月31日現在において、年齢満77歳、満88歳及び満99歳以上に達し、当該年の9月1日現在生存をする高齢者(以下「到達者」という。)に対して給付する。

(敬老祝金の額)

第3条 敬老祝金の年額は次のとおりとする。

(1) 満77歳到達者 10,000円

(2) 満88歳到達者 10,000円

(3) 満99歳到達者以上 20,000円

(申請及び決定)

第4条 敬老祝金は本人、その扶養義務者若しくは同居者の申請に基づいて町長がその給付を決定する。

(受給資格の喪失)

第5条 敬老祝金受給年齢到達者が、次の各号の一に該当するにいたったときは、敬老祝金を受ける資格を失う。

(1) 9月1日の前日までに本町に居住しなくなったとき。

(2) 本人から給付辞退の届出があったとき。

(3) その他町長において祝金の給付が適当でないと認めたとき。

(規則への委任)

第6条 この条例の施行について必要な事項は、別に規則でこれを定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年3月30日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年3月26日条例第5号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月23日条例第12号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年10月5日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和49年度敬老年金から適用する。

附 則(昭和50年3月29日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和50年度分から適用する。

附 則(昭和55年3月27日条例第11号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和55年度分から適用する。

附 則(昭和58年3月15日条例第1号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和58年度分から適用する。

附 則(平成4年7月1日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行し、平成4年度分から適用する。

附 則(平成6年6月24日条例第12号)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

2 改正条例第2条の規定は、平成6年度においては、第2条中「1年以上」を「6ケ月以上」と読み替えるものとする。

附 則(平成13年3月12日条例第13号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月15日条例第8号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月20日条例第6号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

多度津町敬老祝金に関する条例

昭和33年6月17日 条例第126号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第1章 社会福祉/第5節 老人福祉
沿革情報
昭和33年6月17日 条例第126号
昭和46年3月30日 条例第9号
昭和48年3月26日 条例第5号
昭和49年3月23日 条例第12号
昭和49年10月5日 条例第29号
昭和50年3月29日 条例第7号
昭和55年3月27日 条例第11号
昭和58年3月15日 条例第1号
平成4年7月1日 条例第13号
平成6年6月24日 条例第12号
平成13年3月12日 条例第13号
平成17年3月15日 条例第8号
平成26年3月20日 条例第6号