○公益社団法人多度津町シルバー人材センター運営補助金交付要綱

平成5年10月1日

要綱第16号

(目的)

第1条 この要綱は、公益社団法人多度津町シルバー人材センター(以下「シルバー人材センター」という。)の円滑な運営を促進するための補助金の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助対象経費)

第2条 補助金の交付の対象となる経費は、次のとおりとする。

(1) シルバー人材センターの運営に必要な人件費

(2) その他運営に必要な経費

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、毎年度予算の範囲内で町長が定める。

(交付申請)

第4条 シルバー人材センターが補助金の交付を受けようとするときは、補助金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 歳入歳出予算書

(3) 会員名簿

(4) 定款

(5) その他町長が必要と認める書類

(交付決定等)

第5条 町長は、前条の規定による申請を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金交付決定書(様式第2号)によりシルバー人材センターに通知するものとする。

2 町長は、補助金交付の目的を達成するため必要な条件を付すことができる。

(請求)

第6条 シルバー人材センターは、補助金の交付を受けようとするときは、所定の請求書を町長に提出しなければならない。

(交付)

第7条 町長は、前条の請求を受けたときは、シルバー人材センターに補助金を交付するものとする。

(事業実績報告書)

第8条 補助金の交付を受けたシルバー人材センターは、会計年度終了後20日以内に事業実績報告書(様式第3号)に町長の指示する書類を添付して町長に提出しなければならない。

(補助金の返還)

第9条 町長は、次の各号の一に該当するときは、補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) この要綱に違反したとき。

(2) 事業の変更若しくは中止があったとき、又は事業の遂行の見込みがないとき。

(3) 虚偽又は不正な申請により補助金を受けたとき。

(検査等)

第10条 町長は、補助金の適正な執行を図るため必要と認めたときは、シルバー人材センターに対して報告を求め、又は関係書類を提出させることができる。

2 町長は、この要綱に定める補助要綱に適合しないものあると認めるときは、シルバー人材センターに対し当該是正のため必要な措置を命じることができる。

3 シルバー人材センターは、町監査委員から要求があるときは、いつでも監査を受けなければならない。

(関係書類の保管)

第11条 シルバー人材センターは、補助金に関する予算と決算を明らかにした書類を当該年度終了後10年間保管しなければならない。

(委任)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、平成5年10月1日から施行する。

附 則(平成19年3月26日要綱第11号)

この要綱は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年5月22日要綱第16号)

この要綱は、公布の日から施行し、改正後の公益社団法人多度津町シルバー人材センター運営補助金交付要綱の規定は、平成24年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

公益社団法人多度津町シルバー人材センター運営補助金交付要綱

平成5年10月1日 要綱第16号

(平成24年5月22日施行)