○多度津町いこいの家設置及び管理に関する条例施行規則

昭和57年3月15日

規則第2号

(趣旨)

第1条 多度津町いこいの家設置及び管理に関する条例(昭和57年多度津町条例第5号。以下「条例」という。)に定めるもののほか、いこいの家の運営管理については、この規則の定めるところによる。

(使用申込及び使用許可)

第2条 条例第4条に規定するいこいの家を使用しようとするものは、様式第1号による使用申込書を管理者に提出し許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第3条 いこいの家の管理者は、次の各号の一に該当するときは、使用を許可しない。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれがある者

(2) いこいの家の附属設備を破損するおそれがある者

(3) 暴力排除の趣旨に反すると認められる者

(4) 伝染病患者又は精神異常者

(5) その他管理上不適当と認める者

(指定申請書の提出)

第4条 条例第5条の規定により、多度津町いこいの家の指定管理者の指定を受けようとするものは、指定申請書(様式第2号)を町長に提出しなければならない。

2 条例第5条の規定で定める書類は、次のとおりとする。

(1) 定款、寄附行為、規約その他これらに類する書類

(2) 法人にあっては、当該法人の登記事項証明書

(3) 前項の申請書を提出する日の属する事業年度の収支予算書及び事業計画書並びに前事業年度の収支計算書及び事業報告書

(4) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要があると認める書類

(指定管理予定者)

第5条 町長は、指定申請をした法人等が2以上あるときは、条例第15条の審議会に諮り、最も適切と認めるものを指定管理者の予定者(以下「指定管理予定者」という。)とする。

2 町長は、指定申請をした法人等が1である場合において、適切と認めるときは、当該法人等を指定管理予定者とする。

3 町長は、指定申請をした法人等がないとき又は前2項の規定による指定管理予定者がないときは、公募によらず多度津町が出資している法人又は公共団体若しくは公共的団体を指定管理予定者とする。

(指定の決定)

第6条 町長は、指定の可否を決定したときは、指定をしたものに対しては指定管理者指定書(様式第3号)により、指定をしなかったものに対しては指定管理者不指定通知書(様式第4号)により通知する。

(事故報告)

第7条 管理人又は指定管理者は、いこいの家の管理上事故が発生したときは、直ちに事故報告書(様式第5号)により町長に報告しなければならない。

(事業報告書等)

第8条 条例第7条第3号の規則で定める事項は、いこいの家の施設及び設備の維持管理状況その他町長が特に必要があると認める事項とする。

2 指定管理者は、事業報告書のほか管理月報(様式第6号)を作成し、町長に報告しなければならない。

(使用料の徴収委託)

第9条 いこいの家の使用料の徴収事務は、指定管理者に委託する。

2 指定管理者は、使用料を徴収した月の翌月一日(その日が土曜日、日曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、これらの日の翌日)までに町の指定する払込書により、その内容を示す計算書(様式第7号)を添えて、町に払い込まなければならない。

3 指定管理者は、使用料徴収簿を備え、使用料の徴収状況を整理しなければならない。

4 指定管理者は、使用料の徴収に関する証書類及び附属書類を5年間保存しなければならない。

(審議会)

第10条 多度津町いこいの家指定管理者選定審議会(以下「審議会」という。)に、会長及び副会長1人を置く。

2 会長及び副会長は、委員の互選により定める。

3 会長は、会務を総理し、審議会を代表する。

4 副会長は会長を補佐し、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(審議会の招集等)

第11条 審議会は、町長が招集し、会長がその議長となる。

2 審議会は、委員定数の過半数以上の出席がなければ開くことができない。

3 前2項に定めるもののほか、審議会の運営について必要な事項は、会長が審議会に諮って定める。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和57年4月1日より施行する。

附 則(平成17年12月19日規則第33号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年2月22日規則第5号)

(施行期日)

1 この規則は、行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの規則の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの規則の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この規則の施行の際、第2条の規定による改正前の多度津町空き家等適正管理条例施行規則、第3条の規定による改正前の多度津町情報公開条例施行規則、第4条の規定による改正前の多度津町個人情報保護条例施行規則、第5条の規定による改正前の多度津町児童館設置及び管理に関する条例施行規則、第6条の規定による改正前の多度津町家庭的保育事業等の認可に関する規則、第7条の規定による改正前の多度津町いこいの家設置及び管理に関する条例施行規則、第8条の規定による改正前の多度津町生活支援ハウス(高齢者生活福祉センター)の管理運営に関する規則、第9条の規定による改正前の多度津町介護予防拠点施設(四箇地区いきがい健康館)管理運営規則、第10条の規定による改正前の多度津町介護保険利用者負担額の減額・免除に関する規則、第11条の規定による改正前の多度津町パークアンドライド駐車場条例施行規則、第12条の規定による改正前の堀江公園有料公園施設の管理運営に関する規則、第13条の規定による改正前の多度津町都市計画下水道事業受益者負担に関する条例施行規則、第14条の規定による改正前の多度津町公共下水道事業分担金徴収に関する条例施行規則及び第15条の規定による改正前の危険物の規制に関する規則に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

多度津町いこいの家設置及び管理に関する条例施行規則

昭和57年3月15日 規則第2号

(平成28年4月1日施行)