○多度津町保育所保育料徴収に関する条例

昭和48年12月27日

条例第37号

(目的)

第1条 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第51条第5号及び第56条第3項並びに子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号。以下「法」という。)附則第6条第4項に定める費用(以下「保育料」という。)の徴収については、別段の定めあるものを除くほか、この条例の定めるところによる。

(保育料の決定)

第2条 町長は、保育料徴収基準を定めたときは、これを公示するものとする。

(保育料の減免)

第3条 町長は、次の各号の一に該当するもののうち、必要があると認めたときは、前条の保育料を減額又は免除することができる。

(1) 生活保護法の規定による保護を受ける者

(2) 災害等により保育料の納付が著しく困難なもの

(3) 当該年度において所得が著しく減少し、保育料の納付が困難なもの

2 前項の規定によって、保育料の減額又は免除をうけようとするものは、規則で定める申請書を提出しなければならない。

(規則への委任)

第4条 この条例の施行について必要な事項は規則で定める。

附 則

この条例は、昭和49年1月1日から施行する。

附 則(昭和63年6月28日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和62年4月1日から適用する。

附 則(平成12年3月13日条例第8号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日条例第12号)

この条例は、法の施行の日から施行する。

多度津町保育所保育料徴収に関する条例

昭和48年12月27日 条例第37号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第1章 社会福祉/第3節 児童福祉
沿革情報
昭和48年12月27日 条例第37号
昭和63年6月28日 条例第7号
平成12年3月13日 条例第8号
平成27年3月20日 条例第12号