○多度津町総合福祉センター管理規則

昭和49年3月23日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、多度津町総合福祉センター設置及び管理に関する条例(昭和49年多度津町条例第3号。以下「条例」という。)第18条の規定に基づき、多度津町総合福祉センター(以下「福祉センター」という)の管理等について必要な事項を定めることを目的とする。

(使用申込)

第2条 条例第6条に規定する福祉センター使用の許可を受けようとするものは、福祉センター使用申込書(様式第1号)を館長に提出しなければならない。

(使用許可証の交付)

第3条 館長は前条の申請に基づき使用を許可したときは、使用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(使用の変更)

第4条 前条の使用許可事項を変更しようとするときは、直ちに使用許可書を提示して館長の許可を受けなければならない。

(使用許可書の提示)

第5条 使用者は、条例第6条に規定する使用許可書を携帯し、福祉センター職員の要求があったときは、いつでもこれを提示しなければならない。

(入場者の守るべき事項)

第6条 入場者は、次の各号に定める事項を守らなければならない。

(1) 所定の場所以外で飲食、喫煙又は火気を使用しないこと。

(2) 福祉センターを不潔にし、又は騒音を発しないこと。

(3) 所定の場所以外に出ないこと。

(4) その他福祉センターの職員の指示すること。

(開館時間)

第7条 福祉センターの開館時間は、午前9時から午後9時までとし、毎週月曜日は午後5時までとする。ただし、館長が特に必要と認めるときは、開館時間を変更することができる。

2 老人コーナー浴場の利用時間は、午後1時から午後4時までとする。

(休館日)

第8条 福祉センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が特に必要と認めるときは、休館日を変更することができる。

(1) 年末年始、12月28日から翌年1月4日までとする。

(2) 老人コーナー浴場の休場日は、毎週土曜日、日曜日及び国民の祝祭日とする。

(老人コーナーの利用)

第9条 老人コーナーを利用しようとする者は、条例第7条第2項に規定する60歳以上であることを証するため老人手帳又は医療保険証等、氏名、生年月日を明らかにする書面を受付に提示しなければならない。

2 老人コーナーを団体(5人以上の集団)で利用する場合は、老人コーナー利用届(様式第3号)を利用3日前までに館長に届け出ることにより、前項に規定する氏名、生年月日を明らかにする書面の提示を省略することができる。

(浴場の利用)

第10条 老人コーナー利用者が入浴しようとするときは、担当職員に申し出て利用することができる。ただし、次の者は入浴することができない。

(1) 高血圧の者及び心臓病の者

(2) 病弱の者及び老衰のひどい者

(3) 飲酒している者

(4) 65歳未満の者

(当直員)

第11条 福祉センターに当直員を置き、その職務は、町長が別に定める。

(委任)

第12条 この規則で定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年5月4日規則第3号)

この規則は、昭和52年5月15日から施行する。

附 則(昭和56年9月26日規則第12号)

この規則は、昭和56年9月27日から施行する。

附 則(昭和56年12月24日規則第25号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年8月19日規則第5号)

この規則は、昭和57年9月1日から施行する。

附 則(昭和60年3月13日規則第2号)

この規則は、昭和60年4月1日から施行し、昭和60年3月31日までに60歳到達者については、なお従前の例による。

附 則(平成20年2月15日規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年3月7日規則第9号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

多度津町総合福祉センター管理規則

昭和49年3月23日 規則第3号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 福祉・衛生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和49年3月23日 規則第3号
昭和52年5月4日 規則第3号
昭和56年9月26日 規則第12号
昭和56年12月24日 規則第25号
昭和57年8月19日 規則第5号
昭和60年3月13日 規則第2号
平成20年2月15日 規則第3号
平成30年3月7日 規則第9号