○多度津町国民健康保険高額療養費貸付基金条例

昭和61年3月14日

条例第1号

(設置の目的)

第1条 この基金は、多度津町国民健康保険の被保険者で高額療養費を必要とし、かつ、その支払資金に困窮する者に対し、その資金を貸付けることを目的として設置する。

(原資)

第2条 この基金の原資は、多度津町国民健康保険事業特別会計から必要な額を繰入れるものとする。

(運用)

第3条 この基金の運用は、多度津町国民健康保険の被保険者の高額療養費の支払資金に困窮する世帯主に対し貸付し、かつ、回収しなければならない。

(貸付条件)

第4条 この基金の貸付条件は、次の各号に定めるところによる。

(1) 貸付利率は、無利子とする。

(2) 貸付期間は、貸付の日から高額療養費の支給を受けるまでとする。

(3) 貸付金の額は、国民健康保険法施行令(昭和33年政令第362号)第29条の2第1項に規定する額の100分の80以内の額(1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる)とし、その額が50万円を超えるときは、同額を限度として貸付けるものとする。

(管理)

第5条 基金に属する現金は、金融機関への預金、その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。

(運用益金の処理)

第6条 基金の運用から生ずる収益は、多度津町国民健康保険特別会計歳入予算に計上する。

(処分)

第7条 この基金は、法令その他の事由により第1条の目的が不要となる場合に限り、これを処分することができる。ただし、多度津町国民健康保険特別会計において、財政上特に必要が生じたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、この基金に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、昭和61年4月1日以後の診療にかかる高額療養費から適用する。

多度津町国民健康保険高額療養費貸付基金条例

昭和61年3月14日 条例第1号

(昭和61年3月14日施行)

体系情報
第6編 財  務/第2章 契約・財産
沿革情報
昭和61年3月14日 条例第1号