○多度津町職員人事発令書式規程

昭和48年7月1日

規程第1号

第1条 町長の発する辞令に関しては、別に定めがある場合を除くほか、この規程の定めるところによる。

第2条 この規程で職員とは、町長が任命又は委嘱した者をいう。

第3条 辞令は特別の必要がある場合を除くほか、別記様式によるものとし発令事項の記載要領は、別表に掲げるとおりとする。

第4条 辞令を交付される者の表示は、次の各号の定めるところによる。

(1) 採用の場合は、氏名のみを記載する。

(2) 現に職員である者(休職者を除く。)の場合は氏名にその者の職名を冠記する。ただし、嘱託についてはこれを省略することができる。

(3) 兼務、職務代行の場合は、氏名にその者の職名及び補職名を冠記する。

(4) 併任の場合は、氏名にその者が現に属する事務部局名及び職名を冠記する。

(5) 兼職が二つ以上にわたる場合は、「・・・・兼・・・」の下に「兼」を再記しない。

(6) 休職者又は退職者の場合は、氏名にその休職又は退職前のその者の職名を次のように冠記する

 休職者 休職・・・・・

 退職者 元多度津町・・・・

(7) 遺族の場合は、死亡者の死亡直前の職名及び氏名並びに遺族の氏名続柄を次のように冠記する。

故多度津町・・・・何某・・・・

第5条 日付は、発令の日による。

2 発令者の表示は、すべて町長名とする。

3 辞令には、町長名の下に町長印を押捺するものとする。

第6条 定時昇給等一時に多数の職員に同種の発令を行う場合は、第3条の規定にかかわらず、連記した辞令を主務課長に交付することにより当該職員への辞令交付にかえることができる。

第7条 この規程により難いもの、又は、この規程に定めのないものについては、そのつど町長が定める。

附 則

この規程は、昭和48年7月1日から施行する。

画像

多度津町職員人事発令書式規程

昭和48年7月1日 規程第1号

(昭和48年7月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
昭和48年7月1日 規程第1号