○多度津町職員の職の設置に関する規則

昭和48年5月31日

規則第11号

(趣旨)

第1条 多度津町職員の定数に関する条例(昭和29年多度津町条例第22号)に定める町長の事務部局の職員の職名は、法令に定めのあるものを除くほか、この規則の定めるところによる。

(職員の職名)

第2条 職員の職名は、次のとおりとする。

職員

(職員以外の職員の職名)

第3条 職員以外の職員の職名は、次のとおりとする。

主事補、技師補、事務見習、技術見習、主任技士、技士、技士補、技士見習、嘱託

(注)事務見習、技術見習、技士見習は地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第1項の条件附採用職員をいう。

(職員の補職名)

第4条 職員の補職名は、次のとおりとする。

課長、室長、所長、主幹、課長補佐、室長補佐、副主幹、係長、主査、主任主事、主任技師、主事、技師、医師

第5条 課、室及び所並びに係の長その他これに準ずる者については、前条に定める職名のほかあわせて課、室及び所並びに係その他の名称を冠するものとする。

第6条 特別の事務又は業務に従事するものであって、特にその職務内容を明らかにする必要があるものについては、前各条に定める職名のほか、次に掲げる職種名をあわせ用いることができる。

職種名

保健師、看護師、保母、栄養士、運転手、調理員、営繕技能員、現場監督、交換手、港務所作業員

第7条 職名に関し、法令その他特別の定めがあるもので特に必要があると認められるものについては、第3条及び第4条に定める職名のほか、別の職名をあわせ用いることができる。

附 則

1 この規則は、昭和48年5月31日から施行する。

2 この規則施行の際、現にこの規則による職相当の職にある者は、別に辞令を発せられない限り、この規則によるそれぞれの職に補せられたものとする。

附 則(平成14年3月11日規則第5号)

この規則は、公布の日より施行し、平成14年3月1日から適用する。

附 則(平成19年3月26日規則第16号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

多度津町職員の職の設置に関する規則

昭和48年5月31日 規則第11号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
昭和48年5月31日 規則第11号
平成14年3月11日 規則第5号
平成19年3月26日 規則第16号