○多度津町端末機取扱要綱

昭和60年2月1日

要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、別に定めのあるもののほか、多度津町の端末機の取扱について必要な事項を定めるものとする。

(端末機の操作)

第2条 端末機取扱者は、端末管理者の指示又は、承認を受けて端末機の操作をしなければならない。

2 端末管理者は、端末機の取扱に当たっては、パスワードによる安全対策及び個人的秘密の保護のため必要な処置をとるものとし、交替及び離席時には、パスワード等の適正な運用を行わなければならない。

3 データ取扱責任者は、端末機利用にさいして、各処理ごとにパスワードが符合した場合にのみ、これが利用できるようなシステムとするものとし、この利用状況は、常に把握できるようにしなければならない。

(操作実績の記録)

第3条 端末管理者は、端末機を操作した年月日、端末取扱者の氏名、操作時間及び操作件数等、端末機の操作実績を記録し、保管しなければならない。

(運用時間)

第4条 端末機の運用時間は、職員の勤務時間等に関する規則(昭和41年多度津町規則第2号)に規定する勤務時間内とする。

2 前項に規定する運用時間外に端末機を使用する場合は、端末管理者の厳正な管理のもとに行うものとする。

(操作時間)

第5条 端末取扱者の一連続操作時間は、密度の濃い連続操作は1時間、その他の作業については2時間までとし、引続き同一の端末取扱者が操作する場合には、15分間の休息時間を置くものとする。

2 前項に該当する端末取扱者の1日当たり延操作時間は、4時間までとする。

(健康管理)

第6条 端末管理者は、端末機の取扱者の健康管理のために必要な措置を講ずるものとする。

(障害対策)

第7条 端末機の操作に当たり、障害を発見した取扱者は、その状況を速やかに端末管理者に報告し端末管理者の指示に従い、障害の復旧のため必要な措置を講じなければならない。

(操作指導)

第8条 端末管理者は、端末取扱者に端末機の適正な操作法を必要に応じ随時指導するものとする。

2 データ保護管理者は、端末機の適正利用に必要な事項を随時調査し指導するものとする。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、端末機の運営に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

多度津町端末機取扱要綱

昭和60年2月1日 要綱第1号

(昭和60年2月1日施行)