○多度津町例規集発行規程

昭和36年3月30日

訓令第16号

(目的)

第1条 多度津町の職員等に町の諸規程を周知させ町行政の円滑な運営を計るため、多度津町例規集(以下単に「例規集」という。)を発行する。

(集録の内容)

第2条 例規集には条例、規則その他事務に必要な例規となるべき事項を集録する。

(載録承認の場合の通知及び報告)

第3条 各課長(各機関の長を含む。以下同じ。)は、その主管に係る事務において例規集に載録すべきものと認めたものがあるときは、これを総務課長に通知しなければならない。

2 総務課長は、例規集に載録すべきものと認めた事項につき各課長に報告を求めることができる。

(例規集の備付)

第4条 例規集は、各課(各機関を含む。以下同じ。)に必要部数を備え付ける。

(例規集の取扱)

第5条 各課長は、その所管に係る備付例規集一部ごとに保管責任者を定め、その取扱につき厳重に監督し、例規集の保全完備に務めなければならない。

(例規集加除録の編集印刷)

第6条 総務課長は、毎年1回以上例規集の加除録を編集印刷しなければならない。

2 各課長は、その所管に係る事務につき例規集の事項に変動があった場合は、直ちに総務課長にその内容を通知しなければならない。

(検査)

第7条 総務課長は必要と認めたときは、各課備付の例規集につき、その整備状況を検査することができる。

(例規集の贈与)

第8条 例規集は、町に重要な関係を有する官公署及び団体にこれを贈与することができる。

(弁償)

第9条 正当な理由なく例規集を滅失若しくは、き損したときは、時価により弁償させる。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

多度津町例規集発行規程

昭和36年3月30日 訓令第16号

(昭和36年3月30日施行)