○多度津町監査委員に関する条例

昭和39年4月1日

条例第9号

(目的)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第195条の規定に基づき、監査委員に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(監査委員の定数)

第2条 本町の監査委員の定数は、2人とする。

(議員のうちから選任する監査委員の数)

第3条 議員のうちから選挙する監査委員の数は、1人とする。

(定例監査)

第4条 法第199条第3項の規定による定期監査は、毎年4月から翌年2月までの間に1回これを行う。

2 前項の監査を行うときは、監査委員はあらかじめこれを町長に通知しなければならない。

(監査の請求及び要求)

第5条 法第75条第1項の規定による監査の請求又は法第199条第5項の規定による監査の要求があったときは、7日以内に監査に着手しなければならない。

(臨時監査)

第6条 法第199条第4項及び法第235条の2第2項の規定による監査を行うときはあらかじめ長、又はその相手方に通知しなければならない。

(請願に対する措置)

第7条 法第125条の規定により議会から請願の送付を受けたときは、7日以内に措置しなければならない。

(現金出納の検査)

第8条 法第235条の2の規定による現金出納検査は、毎月末とする。ただし、やむを得ない事由があるときは、これを変更することができる。

(決算、証書類の審査)

第9条 法第233条第2項の規定により、決算及び証書類を審査に付せられたときは、10日以内に意見を付けて長に廻付しなければならない。

(監査の結果)

第10条 法第199条第8項の規定による監査の結果は、7日以内に意見を付けて町長に廻付しなければならない。

(告示及び公表)

第11条 監査委員の告示及び公表は、多度津町公告式条例(昭和29年多度津町条例第1号)の規定による条例等の公布方法を準用する。

(補助職員の設置)

第12条 監査委員の事務を補助するため書記、職員を置く。その定数は多度津町職員の定数に関する条例(昭和29年多度津町条例第22号)の定めるところによる。

(監査の書類の保管)

第13条 監査委員は、監査についての書類を保管し、その任期が満了したときは、直ちにこれを後任者に引き継がなければならない。

(委任)

第14条 この条例に規定するものを除くほか、監査の執行について必要な事項は、監査委員が協議して定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 多度津町監査委員設置条例(昭和30年多度津町条例第45号)及び多度津町監査委員に関する条例(昭和30年多度津町条例第46号)は、廃止する。

附 則(昭和44年6月20日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和46年3月30日条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和47年3月30日条例第5号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月12日条例第12号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

多度津町監査委員に関する条例

昭和39年4月1日 条例第9号

(平成19年4月1日施行)