○町村の廃置分合

昭和17年5月9日

香川県告示第463号

仲多度郡豊原村を廃し、その区域を同郡多度津町に編入し、昭和17年5月10日よりこれを施行す。

――――――――――

昭和29年4月30日

総理府告示第471号

地方自治法第7条第1項の規定により、昭和29年5月3日から香川県仲多度郡多度津町、四箇村及び白方村を廃し、その区域をもって多度津町を置く旨、香川県知事から届出があった。

――――――――――

昭和29年4月27日

香川県告示第333号

地方自治法第7条第1項の規定により、町村の廃置分合に関し、香川県議会の議決を経て次のとおり決定した。

仲多度郡多度津町、四箇村及び白方村を廃し、その区域をもって多度津町を置き、昭和29年5月3日から施行する。

――――――――――

昭和31年9月30日

総理府告示第763号

地方自治法第7条第1項の規定により、香川県仲多度郡高見島村及び佐柳島村を廃し、その区域を多度津町に編入する旨、香川県知事から届出があった。

右の廃置分合は、昭和31年9月30日からその効力を生ずるものとする。

――――――――――

昭和31年9月26日

香川県告示第562号

地方自治法第7条第1項の規定により、町村の廃置分合に関し、香川県議会の議決を経て次のとおり決定した。

仲多度郡高見島村及び佐柳島村を廃し、その区域を仲多度郡多度津町に編入し、昭和31年9月30日から施行する。

町村の廃置分合

昭和17年5月9日 県告示第463号

(昭和17年5月9日施行)

体系情報
第1編 規/第1章
沿革情報
昭和17年5月9日 県告示第463号