このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



多度津町空き家等を活用した地域創生事業補助金

 町内に所在する空き家及び空き店舗を活用し、移住、定住又は地域内外における交流を促進する地域創生事業を行う団体に対し、事業の実施に必要な経費を補助します! 

 

 a1

・空き家等を活用した事業であること。

・地域資源等を有効に活用し、継続性及び発展性が見込まれる事業であること。

・移住、定住又は地域内外における交流が期待される先進的な事業又はモデル的な事業であること。

・成果目標を設定し、進捗状況を管理するものとなっていること。  

a2

町内に活動拠点を有し、事業を行う法人又は任意団体とする。 a3

・事業当たりの補助金の額は、補助対象経費の10分の10以内又は100万円のいずれか低い方の額とする。この場合において、補助金の額に1,000円未満の端数が生じるときは、当該端数を切り捨てる。

・申請の事業が国、県等の補助事業の対象となる場合は、当該補助対象経費から当該補助額を控除した額を補助金の額とする。

・補助金の交付を受けることができる事業は、一補助対象団体当たり当該年度2事業を上限とする。

・補助対象となる空き家等の改修は、同一物件に対して、1回限りとする。

 

a4

◎空き家等を活用した移住、定住又は地域内外における交流を促進するための空き家等改修及び整備等に要する経費

◎空き家等を活用した移住、定住又は地域内外における交流を促進するための態勢の整備、体験活動及びPR活動等に要する経費

 

※不動産の取得に要する経費、物品購入費、交際費及び賞金並びに補助対象団体の構成員に対する飲食費、賃金及び謝礼は、補助対象経費としない。

 

a5

 申請者は、補助対象事業の着手前に、多度津町空き家等を活用した地域創生事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて町長に提出する。

(1) 事業計画書(様式第1号別紙1)

(2) 事業予算書(様式第1号別紙2)

(3) 団体調書(様式第1号別紙3) 添付書類

 

町で提出された申請書等の審査、補助金を交付決定し通知します。

 

a6

申請者は、補助事業を完了したときは、当該補助事業の完了の日若しくは廃止の承認を受けた日から起算して30日を経過した日又は補助事業の完了予定年月日の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに、多度津町空き家等を活用した地域創生事業補助金実績報告書(様式第6号)に次に掲げる書類を添えて町長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書(様式第6号別紙1)

(2) 事業決算書(様式第6号別紙2)

a7

町は、実績報告を受けたときは、その内容を審査の上、多度津町空き家等を活用した地域創生事業補助金の額の確定通知書(様式第7号)により補助事業者に通知する。

申請者は、通知を受けたときは、速やかに、多度津町空き家等を活用した地域創生事業補助金交付請求書(様式第8号)を町長に提出しなければならない。 

 

y8

申請の流れ及び概要(PDF:134KB)

補助事業事例(PDF:105KB)

申請様式(WORD:112KB)

 

 

 

 

 


問い合わせ

政策企画課
電話番号:0877-33-1116
メールはkikaku@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ