このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



男女共同参画について

 

■『男女共同参画社会』ってどんな社会??                    

                                         sakuratyan

「男女共同参画社会」と聞いて皆さんはどのような社会をイメージされますか?

男女共同参画社会基本法(平成11年制定)の第2条によりますと、男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」であるとされています。

 これを少し短く言い換えてみると、「男女が互いにその人権を尊重しつつ責任も分かち合い、年齢や性別、人種や立場にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる社会」というような表現になるでしょうか。

 

「男性であること、女性であること」に関わらず、『人』として対等にくらしていける社会の実現のためには、以下のようなことがとても大切です。

 

(1) 男女が互いに認め合い、責任を分かち合い、協力し合う気持ちを育てていくこと。

(2) 「男性だから」「女性だから」といいった性の違いによって縛られないこと。

(3) 「自分らしさ」を見つけ、「自分」を育てながら「自分」と違う生き方をしてい

る人を認めること。

 

 

■たどつ男女共同参画プラン

 

 多度津町では現在、平成28年3月に策定された「第2次たどつ男女共同参画プラン」に基づき、

男女共同参画社会の実現に向けた施策に取り組んでいます。ぜひ一度ご覧下さい。

 なお、このプランの計画期間は平成28年度~平成32年度です。

 

第2次たどつ男女共同参画プラン(PDF:707KB)

 

男女共同参画に関するアンケート調査結果報告書【住民アンケート】(PDF:1453KB)

 

男女共同参画に関するアンケート調査結果報告書【事業所アンケート】(PDF:1050KB)

 

 

●過去の男女共同参画プラン

 

たどつ男女共同参画プラン(H22~H27年度)(PDF:1300KB)


問い合わせ

政策企画課
電話番号:0877-33-1116
メールはkikaku@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ