このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



防災・緊急情報

ただいま災害情報はありません。

イベントカレンダー

イベントイメージ写真
2018年2月19日(月)
職業相談会
2018年3月3日(土)
第3回 黄金クラブ~65再会~

イベント一覧へ

多度津町について

   地勢

位置:北緯34度16分23秒  東経:133度45分23秒

 香川県の中部に位置し、南は讃岐平野、北は風光明媚な瀬戸内海国立公園に接している。行政区として、陸地部より7.4km沖に高見島、14.8km沖に佐柳島がある。陸地部の長さは、東西7.12km、南北3.83km。

 

   面積

24.38km (内島嶼部4.18km

 

   沿革

 古くから天然の良港に恵まれ、港を中心に発達する。明治に入り、四国最初の鉄道が開通したことで、鉄道と港の利点を活かした西讃交通の要衝として発展してきた。昭和49年に190万mの臨海土地造成事業を行い、近代工業都市へと変貌している。

 

   町制施行

 明治23年(1890年)2月15日、多度津村と新町村を併せて誕生。昭和17年豊原村と合併。昭和29年四箇村と白方村を合併。昭和31年高見島村と佐柳島村を合併し現在に至る。

 

   交通手段

 JR多度津駅へは岡山より50分。大阪より2時間。高松空港から50分。四国横断自動車道善通寺ICから10分。

 

   町花・町木

 

   町章

多度津町の「夕」を図案化し、これを熨斗(のし)結びに見せて町の発展と団結のシンボルとしたものであって、旧多度津藩主京極家家紋の菱四つ目にも似通わせています。

 

   友好交流都市

上海市普陀区(中華人民共和国)

 


このページの先頭へ