このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



介護保険料

 65歳以上の人(第1号被保険者)の保険料
                

平成29年度の介護保険料

介護保険料額= 基準額 × 保険料調整率 

●基準額=64,800円(平成27年度に保険料が改定されました。)

●保険料調整率=所得に応じて次のとおり9段階に分かれています。

所得段階

対 象 者

保険料

調整率

介護保険料額

町民税による区分

所得による区分

第1段階

世帯全員が課税されていない

老齢福祉年金または生活保護の受給者の方

×0.45

29,160

平成28年中の課税年金収入とその他の所得の合計金額が 80万円以下の方

第2段階

平成28年中の課税年金収入とその他の所得の合計金額が 120万円以下の方

×0.75

48,600

第3段階

第1・第2段階に該当しない方

×0.75

48,600

第4段階

本人は課税されていないが、世帯内に課税されている方がいる

平成28年中の課税年金収入とその他の所得の合計金額が 80万円以下の方

×0.9

58,320

第5段階

第4段階に該当しない方

基準額

64,800

未申告の方

第6段階

本人が課税されている

平成28年中の所得が120万円未満の方

×1.2

77,760

第7段階

平成28年中の所得が190万円未満の方

×1.3

84,240

第8段階

平成28年中の所得が290万円未満の方

×1.5

97,200

第9段階

平成28年中の所得が290万円以上の方

×1.7

110,160

 

※第1段階については、別枠公費により保険料の軽減が行われています。

※平成28年中の所得に応じて保険料調整率が決まりますので、未申告の方は申告をお願いします。

 

 40歳から64歳までの人(第2号被保険者)の保険料

40歳から64歳の人の介護保険料は、介護サービスの利用の如何を問わず、医療保険の加入者全員に納めていただくようになっています。

40歳から64歳の医療保険に加入している人(第2号被保険者)の介護保険料は医療保険の保険料に上乗せして納めていただきます。

※介護保険料は、加入している医療保険の算定方法に基づいて定められています。

 

多度津町の国民健康保険に加入                           

40歳~64歳の人は、医療分としての保険料に加えて介護分の保険料の合計額を国民健康保険の保険税として納めていただきます。

納付義務者は世帯主となっています。

家族の誰かが国民健康保険に加入していれば、世帯主の方が職場の健康保険に入っていて国民健康保険の被保険者ではなくても、納付義務者になります。

国民健康保険の保険料は、1所得割 2資産割 3均等割 4平等割 の合計額を世帯ごとに算定しています。詳しくは、税務課町民税係(電話33-1118)にお問合せください。

 

健康保険組合、全国健康保険協会(協会けんぽ)などに加入               

それぞれの医療保険ごとに設定される保険料率と給与の額によって算定され、健康保険料とあわせて毎月の給与から天引きされます。

保険料は加入している医療保険によって異なります。

詳しくは、お勤め先の庶務又は社会保険担当の方、全国健康保険協会(協会けんぽ)、または健康保険組合にお問合せください。

 

 保険料の納め方

65歳以上の人の介護保険料は、年金を受給されている人の場合、原則年金から介護保険料があらかじめ差し引かれます(特別徴収)。しかし、年金が少額の場合や年金を受給していない人などの場合は納付書で納めていただくようになります(普通徴収)。必ず指定期限までに納めましょう。

 

年金から差し引かれる人(特別徴収)                        

対象者

「老齢(退職)年金」「障害年金」「遺族年金」のいずれかの年額が18万円(月額1万5千円)以上で年金保険者(厚生労働大臣や共済組合)から多度津町に通知のあった人

納め方

 年金支給月(偶数月)に介護保険料があらかじめ年金から差し引かれます。

 なお、次のような場合は、年金の年額が18万円以上の人でも、しばらくの間、納付書(普通徴収)で保険料を納めていただきます。

・年度の途中で65歳になったとき

・年度の途中で他市町村から転入したとき

・年度の途中で保険料や年金額が変更になったとき

 

納付書で納める人(普通徴収)

対象者

 年金の年額が18万円未満の人

 年金がない人

 年金が支給停止(一時停止を含む)になっている人

老齢福祉年金のみを受給されている人

納め方

 口座振替を利用するか、多度津町から送付される納入通知書により金融機関などで直接納めます。

 

※口座振替が便利です。

 銀行や郵便局などの預貯金口座から自動的に納める手続をしていれば、納め忘れがなく、納める手間も省けて便利です。

 口座振替できる金融機関は、多度津町内に店舗がある銀行、信用金庫、農協および全国の郵便局です。

 口座振替依頼書は、多度津町税務課、または町内の各金融機関にあります。

 届出からさかのぼって保険料を口座から振替えることはできません。

 口座振替の開始月は申込月の2か月以降としてください。

 振替が開始されるまでは、納付書で納めてください。


問い合わせ

税務課
電話番号:0877-33-1118
メールはzeimu@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ