このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



防災・緊急情報

ただいま災害情報はありません。

農地の権利異動(相続を含む)について

 農地を買いたい(売りたい)方、農地を借りたい(貸したい)方、農業をやってみたい方

まずは、農業委員会へご相談ください!

 

 農地の売買、贈与、貸借などには農地法第3条に基づく農業委員会の許可が必要です。この許可を受けないでした行為は、無効となりますのでご注意ください。

 

 なお、農地の売買、貸借については農業経営基盤強化促進法に基づく方法もあります。

 詳しくは農業委員会にお問い合せください。

 

●農地法第3条の主な許可基準

●農地法第3条の許可事務の流れ

 

●農地法第3条許可申請書等様式

    様式第1号 (農地法第3条第1項の規定による許可申請書)

    様式第7号 (農作業への従事状況)

    様式第3号 (営農計画書)

    様式第4号 (農業生産法人としての事業等の状況)

    様式第8号 (農業生産法人以外の法人等の場合の要件に係る事項)

    様式第9号 (地域との役割分担に係る確約書)

●参考

    農地法第3条申請書  記入マニュアル

    記入例(個人用)

    記入例(農業生産法人)

    記入例(農業生産法人以外)

    農地賃貸借契約書例

    農地使用貸借契約書例

    必要書類一覧

    必要書類チェックリスト

    申請書受付のお知らせ

 

●下限面積(別段の面積)について

 

 農地法第3条の許可要件のひとつに下限面積要件があります。

 下限面積要件とは、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的にかつ安定的に継続して行われないことが想定されることから、許可後に経営する面積が一定(都府県:50a、北海道:2ha)以上にならないと許可はできないとするものです。

 なお、農地法で定められている下限面積(都府県:50a、北海道:2ha)が、地域の平均的な経営規模や耕作放棄地の状況などからみてその地域の実情に合わない場合には、農業委員会で面積を定めることができることとなっています。

 

多度津町農業委員会では、管内の下限面積を次のように定めています。

地   区   別

下 限 面 積

佐柳及び高見の区域

10アール

10アールの項に掲げる区域を除く多度津町の全域

30アール

 

〔下限面積設定理由〕

 陸地部では農家総数の概ね40%を下回らないこと、また、島しょ部では、耕作放棄地が相当存在しているので、新規就農を促進したり借りやすくしたりするため(農地法施行規則第17条第1項、第2項適用)

 

 

 

 

●相続等により農地の権利を取得した場合

 

 農地法の許可を要さずに相続等により農地の権利を取得した時は、概ね10ヶ月以内に農業委員会へ届け出てください。

 

 様式第24号(農地法第3条の3第1項の規定による届出書)

 

 

関連情報

 

香川県ホームページ

 


問い合わせ

農業委員会(産業課内)
電話番号:0877-33-1113
メールはnougyou@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ