このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



子育て支援医療費助成制度

 平成25年4月から平成26年3月末までの期間子どもの疾病の早期発見や治療の促進、子育てに係る負担の軽減等を目的として、従来の乳幼児医療費助成制度に加え、中学校を卒業するまでの間、入院にかかった医療費を助成する制度を行っておりました。なお、平成26年4月以降は入院のみでなく外来も含めた全ての保険診療部分に対して助成を行っております。

 

●対象となる子ども

次の要件を満たす子どもが助成の対象となります。

(1)住民票が多度津町にあること

(2)医療保険(国民健康保険や社会保険等)の加入者であること

(3)年齢が乳幼児医療費助成期間の終了後、中学校卒業までの間にあること

 《満7歳に達する日の属する月の翌月の初日(1日生まれの方は誕生月)から満15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にあること》

◆次の場合は、対象となりません。

・生活保護を受給している場合

・他の福祉医療制度(重度心身障害者等、ひとり親家庭等)の対象者である場合(こちらの制度が優先されます。)

・学校でのケガなどで、「日本スポーツ振興センター災害共済給付制度」による医療費の給付を受けることができる場合

 

●手続き

(1)子どもが入院した時に、保護者の方が助成資格の認定申請を行ってください。

  <申請に必要なもの> 

   ・健康保険証

   ・印鑑

   ・銀行口座が確認できるもの(預金通帳等)

(2)町で資格認定を行い、保護者の方に「助成資格認定通知書」をお送りします。

(3)保護者の方が医療機関へ医療費の支払いをした後、町に助成の申請をしてください。申請には、領収書または医療機関での証明が必要です。

(4)町で審査をした上で、保護者の方の口座(助成資格認定申請で指定された口座)に振り込みます。

 ◆なお、高額療養費の支給対象となる見込みがある場合は、高額療養費の支給額の決定後、差額を振り込むことになります。 

  

●助成の範囲

 入院にかかる医療費の患者負担額(保険診療分のみ)を助成します。入院時の食事代や保険診療外のもの、高額療養費や附加給付(健康保険組合独自の上乗せ給付)等は除きます。

 

●そのほかの手続きについて

 以下の事項に該当したときは、必ず届出をしてください。

  ・保険証、保険証の記載事項等に変更があったとき

  ・住所、氏名等が変わったとき

  ・振込口座を変更するとき


問い合わせ

住民課
電話番号:0877-33-4480
メールはjyuumin@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ