このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



防災・緊急情報

ただいま災害情報はありません。

乳幼児等医療費助成制度

  多度津町では、中学を卒業するまでの期間の子供の医療費の一部の助成を行っています。

 

1 助成を受けることができる方
 以下の条件を全て満たす方が助成の対象となります。
(1)お子様自身の住民票が多度津町にあること
(2)各種健康保険(国民健康保険や社会保険等)の加入者であること
(3)年齢が中学校卒業までの間にあること

 

2 助成の範囲
 保険診療の自己負担分(高額療養費および入院時食事療養費に係る標準負担額は除く)を助成します。
※以下のものは助成の対象にはなりません。
 ・保険診療外の経費(検診料、薬の容器代、文書料、入院時の個室料等)
 ・幼稚園、保育所、または学校でのケガなどで、「日本スポーツ振興センタ
  ―災害共済給付制度」による医療費の給付を受けることができるもの
 ・交通事故などの第三者行為でかかった医療費

 

3 手続きについて
 お子様が出生されたときや、対象年齢のお子様が転入されたときは、健康福祉課で受給資格者証の交付手続きをしてください。
〈手続きに必要なもの〉
 ・ 健康保険証(お子様の名前が記載されているもの)
 ・ 印鑑
 ・ 金融機関の通帳など振込先口座のわかるもの
 ・ 住民税課税所得証明書(未就学児の申請で、転入等で多度津町に課税情報がない方のみ)
 
4 病院等へかかるとき
(1)香川県内の医療機関の場合
 医療機関の窓口で健康保険証と受給資格者証(公費負担者番号が記載されているもの)を提示して受診してください。原則、無料で受診できます。(入院などで高額療養費として給付される額や入院時食事療養費の自己負担額、保険適用とならない費用などは助成の対象になりません。)


(2)柔道整骨院や香川県外の医療機関の場合
 医療機関の窓口で健康保険証と受給資格者証を提示して受診し、一旦自己負担額を支払ってください。その後に医療機関の証明に基づいて、保険診療部分の医療費の助成を行います。
 県外の医療機関で受診した場合は、医療機関別・診療月別に医療費助成申請書(このページの下段でダウンロードできます)に証明してもらい、健康福祉課に提出してください。
 また、申請書の上部にある受給者記入欄は各自で記入し、押印してください。
 医療機関独自の医療費助成申請書には、欄外に必ず受給者の電話番号を書き加えてください。

 

 ※ 毎月10日までに提出された申請書についてはその月の末日に、11日以降
   の場合は翌月の末日にお振込いたします。(いずれの場合も休日の関係で前後
   することがあります。)

 

5 高額療養費等に該当する場合
 この医療費の助成では、医療機関の窓口へ支払った本人負担額(保険適用部分)のうち、自己負担限度額までが助成の対象となります。自己負担限度額を超えて高額療養費に該当する場合は、ご自身でご加入されている保険に高額療養費の請求を行ってください。
健康保険からの高額療養費支給決定通知書を確認させていただいた後に助成額が決定しますので、通知書をご持参ください。
 また、社会保険等の家族療養附加給付がある場合は、助成額から差し引いて支給します。

 

6 そのほかの手続きについて
 以下の事項に該当したときは、印鑑と受給資格者証を持参して、届出をしてください。
  ・保険証、保険証の記載事項等に変更があったとき
  ・住所、氏名等が変わったとき(町外へ転出される場合は、資格が喪失しますので受給資格者証を返

       納してください。)
  ・振込口座を変更するとき


ご不明な点がありましたら、多度津町役場健康福祉課までお問い合わせください。

 

 ダウンロード

 乳幼児医療費助成申請書(WORD:24KB)


問い合わせ

高齢者保険課
電話番号:0877-33-4488
メールはkourei@town.tadotsu.lg.jpまで

このページの先頭へ