このページの本文へ移動

たどつ や~い 多度津町 TADOTSU TOWN

エントランスページへ



防災・緊急情報

ただいま災害情報はありません。

イベントカレンダー

イベントイメージ写真
2018年2月19日(月)
職業相談会
2018年3月3日(土)
第3回 黄金クラブ~65再会~

イベント一覧へ

町長挨拶

せせらぎとやすらぎ みんなでいきいき暮らすまち

多度津町長 丸尾 幸雄

平成23年3月3日より、町長に就任させて頂いております丸尾幸雄です。

 私は町議会議員として3期12年の間に町民皆様との対話を進め、多くの貴重なご意見やご提言を頂き、また行政全般について学んでまいりました。その経験をもとに、町民一人ひとりの住民サービスの向上を第一と考え、誠心誠意懸命に努力していく決意ですので町民皆様の温かいご支援とご協力をお願い申し上げます。

 多度津町は平成22年に、町制施行120周年という記念すべき年を迎えました、古い歴史と伝統ある町です。開港によって発展し、江戸時代には金毘羅参りの玄関港として賑わい栄えました。明治22年には、四国初の鉄道が多度津を起点として、丸亀~琴平間に開通し、鉄道と港を活かした交通の要衝として、また経済の中心として重要な役割を担ってきました。

 私は今、この歴史と伝統のあるふるさと多度津に 「誇りと愛着」 を持ち 「夢と希望」 を抱く事が大切だと考えています。

 私の座右の銘に 「安居楽業」 という言葉があります。これは、人々の暮らし向きが安定し、生業にいそしみ楽しんでいるという意味で、いつの世にあっても政治の基本だと思っています。潤いのある充実した心豊かな気持ちで暮らせる事が地方自治体の目指すべき姿であり、その事が地域の活性化、ひいては多度津町の更なる発展に繋がっていくと考えています。ますます多様化していく住民ニーズに的確に対応していく為には、行政と住民が一体となって町づくりを行う、住民参画・住民協働の仕組みを構築する事が重要であると考えています。これからの 「地方の時代」 にむけて、町民目線で行政課題を解決していくことを基本的な政治姿勢として、町政運営に積極的に取り組んで参りますのでよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ